皮下脂肪はエステで燃焼


脂肪とは
□◆□◆□◆□◆□◆□
脂肪と肥満
脂肪とは
□◆□◆□◆□◆□◆□

脂肪という言葉はふだんの生活の中でもよく使われます。
摂取したエネルギーと消費したエネルギーとを比較し、
余分に摂取したエネルギーは脂肪として脂肪細胞に蓄えられます。
つまり、脂肪細胞は脂肪を生成・分解し蓄える働きを持っているのです。
脂肪細胞には、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞があります。
褐色脂肪細胞は、
体外の温度変化に応じて自分自身の内部に溜め込んだ脂肪を燃焼させることで、
体温を保持する機能を持っています。
一方の白色脂肪細胞は、
余分に摂取した脂肪を中性脂肪として溜め込んでおり、
ダイエットで脂肪を減らす、というときの脂肪は、
主にこの白色脂肪細胞のことを指します。
脂肪細胞は、胎児期・乳児期・思春期に最も増殖し、
増えた脂肪細胞が後になって減少することはありません。
以前はこのピーク時を境に脂肪細胞の数は一定のまま保たれるとされていましたが、
現在では思春期以降も脂肪細胞は増殖する能力を持つと考えられています。
脂肪細胞から成る脂肪組織は、主として皮下組織や内臓周辺に蓄えられます。
皮下組織とは、
皮膚の一番外側、私たちの目に触れている厚さ0.1〜0.3mmほどの表皮、
その下の厚さ2〜3mm程度の真皮の、
さらに下部にある組織です。
脂肪というと不要なものと思われがちですが、
体外からの衝撃から各器官を守る緩衝材となったり、
体外の温度変化に対して体温を一定に保つなど、
重要な役割を果たしています。


スポンサードサーチ

□◆□◆□◆□◆□◆□
サブメニュー
脂肪と肥満
□◆□◆□◆□◆□◆□

脂肪とは
肥満の仕組み
肥満の種類
肥満の原因と予防


□◆□◆□◆□◆□◆□
メインメニュー
□◆□◆□◆□◆□◆□

トップページへ
「痩せたい」きっかけ
脂肪とは
内臓脂肪
食生活
間違ったダイエット
自分のためのダイエット
リンク集1


友達に教える

©皮下脂肪はエステで燃焼